ビットコインの将来性

つい最近のことですが、ビットコイン取引所が破たんしたということが大きなニュースになっていました。
取引所では490億円ものコインが盗まれたと言っていますが、実は流用だったのではないかという話もあり、真相はいまだに藪の中です。
とにもかくにもこのニュース、若者はともかく、お年寄りには何のことやらさっぱりわからない話ではないでしょうか。
若者でも関心を持っていない人にとっては実生活で関わるものではないだけに、これほど多くの損失額が出たことにはびっくりです。
ビットコインとは暗号技術を駆使して生まれた仮想通貨のことで、暗号通貨とも呼ばれています。
この暗号通貨という呼び方が胡散臭さを感じさせ、取引所において通貨が消えてなくなってしまうのではないかというイメージになってしまいました。
その点については最大規模の取引所で起こった事だけに、世界中のユーザー及び利用を検討している人たちの疑惑や懸念を速やかに払しょくしてもらう必要があるでしょう。
そのためには本来のビットコインの特徴である、高い透明性によって取引がなされることや、消えるどころか消したくても消せないという特徴があることなどを、もっと広く世間に知らしめる必要があると考えられます。
それが、未来を担う通貨としての将来性を左右するでしょう。